差し押さえは絶対イヤ!という人が見るサイト

異議申し立てを行うことができる差し押さえとは

差し押さえとは、税金などを滞納した場合は督促状などが届きますが、そういった納税の履行やローンを促しても債務者が納めないときに、税の公平性を保つために国税徴収法や地方税法に基づいて、国の機関である家庭裁判所などが滞納者の財産の処分を禁止して、差し押さえ財産を金銭に変えることができる状態におく強制的な処分のことです。例えば不動産の差し押さえとは不動産執行といい、面倒な手続きになりますが差し押さえ命令異議申し立てを行えば、対抗できる場合があります。差し押さえとは債権執行でありいわゆる強制執行ですので、異議申し立てをしたとしても役所側に法的な落ち度がない限り差し押さえを止めるわけにはいきません。この点に注意をしたうえで、不動産差し押さえに対する異議申し立て書を記載しますが、その際に法定の記載事項があります。申し立て人の住所・氏名・年齢と対象となっている処分がなにか・処分があったことを知った日・申し立ての趣旨とその理由・市の教示の趣旨とその理由などです。