差し押さえは絶対イヤ!という人が見るサイト

賃貸に住んでいる人の差し押さえとは

債務整理をするときに、自己破産をした場合や借金を滞納して裁判をされ負けたあとには、財産を差し押さえされます。よく聞くその差し押さえとは、何をするのかと言うとまず住んでいる場所です。戸建ての場合は、その名義が債務整理をした人の場合は差し押さえができます。しかし、賃貸の場合は差し押さえとはその部屋の中を見ます。裁判所の関係者と、その裁判をおこし勝訴した会社の人と二人でやってきます。差し押さえとは、お金に換算できるものを所有している場合それを持っていくことができます。賃貸の場合は、その部分は差し押さえができないので部屋の中に行きます。しかし、生活や仕事に必要なものは差し押さえをすることを禁止しています。高価なパソコンでも、仕事に使用しているときはできません。債権者が、無理に持っていくことを阻止してまた確認をするのが裁判所の人間です。通常は、賃貸の場合はほとんど差し押さえるものがないのが現状です。